福岡の観光スポット・宿・イベント情報をお届け!

観光スポット

観光スポット

【糸島】美しいサンセットが見られる人気スポット「桜井二見ヶ浦」

糸島観光で絶対に外せない観光スポットのひとつが「桜井二見ヶ浦」。 島の北部、県道54号線沿いの二見ヶ浦に進むと、海岸沿いに大きな夫婦岩と大鳥居が目につきます。 福岡県指定の名勝でもあり、桜井神社の社地として神聖な場所とさ
観光スポット

福岡での時間つぶしに迷ったらココ!満足度高い博多駅屋上「つばめの杜ひろば」

日本最大の駅ビルと言われる九州の玄関口、JR博多駅。 その駅ビル10Fにある飲食フロア「くうてん」。 このフロアの奥へ進んでいくと、さらに上のフロアへつながるエスカレーターが見えてきます。 エスカレ
観光スポット

【福岡市】大人気のドライブコース!離島へ陸続きの「海の中道」

運転免許を持っているならぜひ訪れてほしいのが、福岡市街から車で約40分の場所にある、福岡では大人気のドライブコース「海の中道(うみのなかみち)」です。 そこは志賀島と九州本土とを繋ぐ砂州となっている場所。全長約8km、最大幅約2.5k
観光スポット

【福岡市】満足度の高いオーシャンフロント水族館!「マリンワールド海の中道」

福岡の観光名所の中でとても人気が高い「マリンワールド海の中道」。 博多湾に面したオーシャンフロント水族館であり、そして九州で最も大きな巨大総合水族館で、「対馬暖流」をテーマに熱帯から温帯、寒帯の海の仲間たちを展示しています。
観光スポット

【柳川市】明治期に建築された観光旅館「御花」を訪れる

福岡県柳川市は旧柳川藩の城下町で、お堀を廻る川下りは名物の一つです。その終着点の一つが観光旅館「御花」で、戦国時代の名将立花宗茂を祖とする柳川藩主立花氏の別邸だった場所に、明治期になって末裔の手によって建築されたものです。 今回はその
観光スポット

【福岡】日本最古の稲作集落と言われる「板付遺跡」で古代の生活にタイムスリップ

板付遺跡は福岡市博多区にある縄文~弥生後期に渡る時期に形成された集落の跡で、日本最古の稲作集落と見られており、国の史跡に指定されている遺跡です。 環濠集落跡と水田跡からなる遺跡は公園として整備され、出土した土器などを展示する板付遺跡弥
観光スポット

【太宰府】残っていないからこそ歴史のロマンを感じられる「大宰府政庁跡」

大宰府とは大和朝廷の時代に地方の外交や防衛などを統括するために作られた機関で、全国にいくつか存在していましたが、大宝律令が発令された際に残ったのは九州の大宰府だけとなりました。 その大宰府の跡地が太宰府市にある大宰府政庁跡で、現在は国指定
観光スポット

【福岡】個性的で近代的な建築物が立ち並ぶ百道地区の「世界の建築家通り」

百道(ももち)地区は1989年に開催されたアジア太平洋博覧会「よかトピア」をきっかけに開発されたエリアで、福岡タワーをはじめとして近代的な建築物が立ち並ぶエリアです。 なかには有名な建築家が設計したビルも多く、その中でも「世界の建築家通り
観光スポット

【福岡】サザエさん発案の地、百道浜の「サザエさん通り」を散策する

国民的まんが「サザエさん」の作者長谷川町子は戦中から戦後にかけて福岡市に居住し、百道の浜を歩きながらサザエさんの着想を得たと言われています。 当時の海岸線はすっかり内陸になっているのですが、居宅のあった西新付近から現在の百道浜にかけての道
観光スポット

【福岡】なぜそこに?百道(ももち)浜にある10体の「インド神像」

福岡市の百道地区はアジア太平洋博覧会(よかトピア)の開催に合わせて整備された地区で、現在はシンボルである福岡タワーや福岡市博物館などが立ち並び、観光スポットとしても人気のエリアです。 付近をぶらぶらと散歩していると、福岡タワーとサザエさん
観光スポット

【福岡】福岡市内を一望できる「福岡タワー」は日本一高い海浜タワー!

福岡市というとあまり海岸のイメージはないかも知れませんが、福岡市にもビーチがあります。 代表的な場所は1989年に開催されたアジア太平洋博覧会「よかトピア」の際に整備されたシーサイドももち地区で、美しい海岸といくつかの観光施設があり、オー
観光スポット

【福岡】幕末の女流歌人、野村望東尼が隠棲した「平尾山荘」

平尾山荘は野村望東尼が40歳の時に夫と共に隠棲(いんせい)した庵で、出家してからは勤王志士たちの隠れ家や密会の場所として使用されていた山荘です。 現在の建物は明治末期に復元されたもので、茅葺の屋根が美しく、付近は公園として整備され、福岡市
スポンサーリンク